南極大陸奇行

気が付けば、ペンギンだった。

法律を考えるにあたって(1)


この世に誰も存在しなければ「法律」も存在しない

 南無阿弥陀仏

「私」独りしかこの世に存在しなければ「法律」はいらない

  よく、「ロビンソン・クルーソ」が無人島で独りぼっちの生活をしているのでは、「もめ事」が生じないので、法律は必要でない。と、言われてる。


「私」と「あなた」が生きてゆく以上、「ルール」が必要となる

 人が二人以上いると、必ず、「もめ事」が生じる。お互いが生きていくためには、「ルール」が必要となる。


私たちが「日本」という国で生活しているので、「法律」というルールが必要である

 「もめ事」が生じる。

 当事者同士で解決できなかったら、誰かに仲立してもらい、問題解決するほうが良い。

より「公平」で「納得」できるよう、「法律」という「ルール」をみんなで作る。

 「裁判所」でお互いが意見を言いあい、裁判官がその意見の言い合いを「法律」に基づいて結論を出し、解決する。これを、「日本」という国で生活する人々の「もめ事」の最終解決とする。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。